今すぐスタート!はじめてのFX講座Level3:為替レートの動きを読んで、FXを使いこなせ! | Black Board
検索

マネー 2017.10.10

今すぐスタート!はじめてのFX講座Level3:為替レートの動きを読んで、FXを使いこなせ!

608

タイアップ提供:セントラル短資FX

為替レートはどうやって見るの?

 

「為替レート」は、2国間の通貨を交換する時の取引価格、または相場のことをいいます。

 

よくニュースなどで聞く、「1ドル◯◯円◯◯銭」といったものは、米ドル/円の為替レートのことです。それぞれの通貨を売りたい「売り手」と、買いたい「買い手」が納得した価格で決められます。

 

FXでは、お客さまが売る価格のことを「Bid(ビッド)」お客さまが買う価格のことを「Ask(アスク)」売り(Bid)と買い(Ask)の価格差のことを「スプレッド(spread)」と言います。

 

“売り”と“買い”を間違えないで!

【例:USD/JPY ※レバレッジ1倍の場合】

 

※レバレッジ:預け入れた証拠金を担保に、その何倍もの金額の取引ができる仕組み(個人のお客さまは最大レバレッジ25倍まで)

 

売値と買値を同時に価格提示することが外国為替市場の慣習となっています。

 

実際にFXで取引する際の注文画面も、下図のように売値と買値の2本値が同時に表示されますので、お取引の際は“売り”と“買い”を間違えないようにご注意ください。

 

 

なぜ為替レートは変動するの?

 

為替レートが変動する理由にはさまざまな要因がありますが、モノの値段が需要と供給で決まるように、為替レートも基本的には需要と供給で決まります。

 

わかりやすくいえば、買い手が多い人気通貨は為替レートが上がり、売り手が多く人気のない通貨は為替レートが下がる傾向にあります。

 

需要と供給の関係は、その国の金利、景気、金融・通貨政策など、いろいろな要因によって変わりますので、為替レートの動きを予想する場合は、各国の経済指標や政策動向等に注意が必要です。

 

難民問題などを発端としたイギリスのユーロ離脱問題や、各国の大統領選など、世界情勢は為替レートに大きな影響を及ぼしました。

 

一見日常生活とは関係のない世界の出来事が、直接FX投資にも関係してくると思うと、毎日の情報収集がいかに大切かがわかります。

 

各国で異なるFX取引ができる時間帯は?

各国の金融市場取引時間(日本を基準とした場合)

 

外国為替市場は、世界各国で取引が行われているため、FXは24時間取引(土日、メンテナンス時間を除く)ができます

 

1日を日本時間でみると、午前5時にニュージーランドのウェリントン市場で取引が始まり、午前9時から東京市場、その後は香港、シンガポールなどのアジア市場、というように順次取引が始まり、午後3時から欧州市場、そして午後9時からは、ニューヨーク市場での取引が活発化し、そのまま翌日のウェリントン市場へと引き継がれていきます。

 

このように、世界各国でとぎれることなく取引が行われるため、FXでは通常月曜日の朝から土曜日の朝まで24時間いつでも取引が可能なのです(土日、メンテナンス時間を除く)

 

そうはいっても、スマホやPCでずっと為替レートをみているのは不可能です。

 

自分のライフスタイルに合わせて、毎日チェックする時間を決めておくなど、無理のない形で定点観測ができるようにするといいかもしれませんね。

 

 

気になる取引手数料は?

 

投資、運用というと、取引手数料がかかるイメージが強い方も多いかもしれません。

しかし、セントラル短資FXでは、FXの取引手数料はなんと無料

 

1日に何回売買しても、取引手数料はかかりませんので、ご安心を!

 

そのほか、口座維持費用や、ロスカット手数料(※)も無料です。銀行などで行う外貨投資に比べて、24時間取引できる点やコストの面でも有利な条件でお取引いただけます。

 

※大幅な損失が発生した場合、損失がこれ以上拡大しないように、証拠金維持率(ロスカットレベル)を割り込んだ時点で自動的に清算(ロスカット)する際に発生する、手数料のこと。

 

 

まずは自分にあったFX会社を選ぼう!

セントラル短資FXは、FX専業業者で唯一、「長期信用格付」を11年連続で取得※している、金融界で創業100年以上の歴史を持つセントラル短資グループです。

※(株)日本格付研究所(JCR)の長期発行体格付でBBB(2017年9月時点)。

 

敷居が低くなってきているとはいえ、FXはまだまだ知識や経験が必要な分野です。ぜひ、はじめてのFXのベストパートナーとして、セントラル短資FXをオススメします。

 

口座開設前には契約締結前交付書面をよく読み、しっかり準備を整えてから、FXをはじめましょう!

 

 

Level1:まずはFXの基本を押さえよう

Level2:スワップポイントを制するものがFXを制す!?

Level4:“レバレッジ”という仕組みを知ろう

Level5:強制ロスカットを理解しよう

 

この記事を書いた人

Black Board運営局

Black Board運営局です。

関連記事