検索

2018.06.01

神アドバイザーに聞け! ハナユメデスクで運命の結婚式場に出会うテク

97

タイアップ提供:エイチームブライズ

なぜハナユメウエディングデスクがあるの?
その本質に迫るべく、いざ新宿へ!

「僕と、結婚してください!!」

 

夢のようなプロポーズを受けて晴れてプレ花嫁になったみなさまも、絶賛お相手探し中のみなさまも、いつか結婚したいけど独身生活を満喫中のみなさまも、こんにちは。

 

今日はみなさまにとって、絶対に知っておきたい業界マル秘情報をご紹介します。ライターSは既婚ですが、この情報を結婚前に知らなかったことが本当に残念!だから、声を大にして、全てのプレ花嫁さんにお教えしたいのです!!

 

結婚って、とってもロマンチックで素敵な経験だけれど、いざリアルに『結婚式を挙げる』となると、大変なものです。会場を決めるのはもちろん、出席者、食事、ドレス、引き出物・・・決めることがあまりに多くて、喧嘩になってしまうカップルさんたちも少なくありません。

 

段取りよく、お金もかけすぎずに結婚式のことを決めたい。でも、一生に一度だから、ふたりらしい、最高の場所で理想の結婚式を挙げたい。

 

そのために何が必要か? それは、プロの助言です。

 

ということで、今日は新宿にある、結婚式に関する相談をすべて受け止めてくれるハナユメウエディングデスクの神アドバイザー、田谷野さんにインタビューさせていただきましたー!

すべてにきゅんきゅん
ハナユメウエディングデスク新宿駅前店はこんなところ

田谷野(以下 田):こんにちは!今日はどうぞよろしくお願いいたします。

ライターS(以下 S):こちらこそ、よろしくお願いします!

ライターS心の声:のっけからあれなんですが、彼女のこのとっても素敵な笑顔と、すべて受け止めてくれそうな天使感にいきなり魅了されました(笑)。なんでも相談に乗ってくれそうです!!

田:では早速、ハナユメウエディングデスク新宿駅前店のご案内からさせていただきます♪ 新宿駅前店のコンセプトは、ズバリ『花嫁のお支度部屋』。式の前に準備をする専用のお部屋『ブライズルーム』をイメージしています。

S:入り口が可愛いですね!まさにインスタ映えという感じで・・・あ!ローラさんから贈られたグリーンが飾ってある!!

田:そうなんです。ここは結婚式でいうウェルカムスペースをイメージしていて、こちらで記念撮影される方もいらっしゃいます。

 

S:相談するお部屋は、ブースごとに分かれているんですね!

田:結婚式の相談デスクというと、かなりオープンな作りで、別のお客様と隣り合わせということも多いのですが、やはりプライベートなご相談ですし、2時間ほどの長いお打ち合わせをなるべくリラックスして過ごしていただきたく、半個室もご用意させていただいています。

S:全部屋すべてインテリアが違っていて、楽しいです!

田:オーソドックスな大人モダン風華やかでフェミニンな雰囲気のお部屋から、ナチュラルテイストのものやキッズスペース付きのお部屋まで、全く違うコンセプトでお作りしています。リゾート婚希望の方にぴったりな、マリンテイストのものもありまして(笑)、こちらは男性にも人気です。ソファーの座り心地もいいですよ(^_^)。

 

S:これらのお部屋は予約の時に選べるのでしょうか?

田:実は、来店前に、お電話にてどんな結婚式にしたいか、というのをじっくりヒアリングさせていただいていて、そのご検討の状況に合わせてお部屋もこちらで選ばせていただいております。

S:素敵な心遣いですね!

 

※土日祝日など、混み合っている場合は、テーブル席やカウンター席でのご相談になる場合がございます。

 

ライターS心の声:ちなみに、ハナユメウエディングデスク新宿駅前店は、パウダールームもとっても素敵です。結婚式でも、パウダールームの広さとか、インテリアをチェックされるプレ花嫁さんも多いんだとか。みなさん、来店時はぜひチェックしてみてくださいね!

相談デスクご利用者満足度98%

ローラのCMでおなじみ♪
ハナユメだからこそできる、素敵なウエディングのカタチ

S:相談にこられるお客様は、「どうしたらいいかわからない」という方もいらっしゃると思うのですが。どんな風に対応されていますか?

田:なかなか自分たちの結婚式のビジョンが見えないというお客様も多いです。そんな時は、イメージしやすいよう、各ブースにあるモニターでビジュアルを見ていただきます。あと、これはハナユメならではの特徴なのですが、お客様が思っていることの本質を伺えるように、というのはこだわっています。わからない、とおっしゃる方でも、なぜ結婚式をしようと思ったのか、親御さんに言われたから、ではなぜ親御さんはお二人に結婚式をして欲しいのか、と会話の中で深堀していくと、おふたりが本当に思っていることが見えてきたりするんです。

S:それは・・・すばらしいヒアリング力ですね!!

田:ハナユメというと、どうしても割引に期待して来店される方も多いのですが、しっかりヒアリングしてみると、おふたりがしたい結婚式というのがはっきりしてきます。そこで見えたご希望や条件を踏まえてご紹介させていただくので、より満足感を持っていただけるお客様が多く、喜んでいただいています。そこはハナユメならではの強みかなと思っています。

S:自分たちでも気づけなかった本質の部分を引き出してくれるとは、さすがプロ。結婚式場へ直接相談に行くのでは、そこまでは難しいでしょうから、これはさまざまな結婚式の形を知り、数多くのカップルと向き合ってきたハナユメウエディングデスクさんならではですよね!

インスタ映えで気分も上々!
可愛らしい演出にほっこり(^_^)

S:さきほどお出しいただいたドリンクですが、コースターのデザインとか、かわいいですね。マタニティの方にも嬉しいノンカフェインドリンクなど、メニューも豊富です。

田:ありがとうございます!実はこれ、オリジナルデザインのカップとコースターなんです。プレ花嫁さんのドリンクにはサプライズでサムシングブルーのリボンもついているんですよ。

S:粋な心使いですね〜

田:コースターにはそれぞれ違うメッセージが入っていて、思わずニヤけてしまう方も。ぜひ実際にご来店されてチェックしてみてくださいね。

これが最旬トレンドだっ!
アドバイザーたちの情報収集力を活用せよ!

S:このドレス、素敵ですね。今はどんなドレスが流行っているんでしょうか?

田:そうですね。3年ほど前から、レースで腕や背中を隠すようなデザインのものは多いです。出すというよりは、清楚セクシーといった感じですね。

 

S:結婚式のトレンドは、今どんな感じになっているんでしょうか。

田:トレンドとしては、10名〜20・30名程度の少人数での、結婚式、とくにご家族だけの挙式・会食のみの形式が増えています。おふたりが結婚式をしたいというよりも、けじめとして、ご家族のためにも形は整えておきたいという方が多いです。

あと、テイストとしては、グリーン系のナチュラル感のある結婚式場が人気です。

S:食事とかも、こだわる方が多そうですね。

田:そうなんです!これはハナユメウエディングデスクならではなのですが、私たちアドバイザーは、常日頃から各式場を見学に伺ったり、実際のお料理を試食させていただいているんです。スタッフ同士で情報をシェアしているので、その知識も踏まえながらお話ができるんですよ!

S:それはありがたいですね!やっぱり実際に見て、食べてみないとわからないですし。

田:中でも、最近は、「グリルビュッフェ」が流行っています!

S:肉ですね!

田:肉です(笑)。お庭でお肉を焼いたり、たこ焼きを焼かれたというお客様もいらっしゃいました!あとは、好きなものを好きなだけいただく、「アペティスタイル」ですね。

S:アペティ…? ビュッフェみたいなことですか?

田:それともまた違いまして、サービスの方が、お料理が何種類も並んだトレイを持ってきてくださって、好きなものを好きなだけ選べるんです!

S:いいですねー!

田:お料理にこだわりたいけど、おもてなしにもこだわりたいというお客様にご提案すると、とっても喜んでくださいます♪

実際にこないとわからない、新郎が一番知りたいあの情報、ここだけの裏話をご紹介!

S:最近は、カスタムウエディングといいますか、おふたりらしい特別な式を希望される方も多いと思いますが、なにか面白い例などはありますか?

田:披露宴会場に人工芝を敷いて、ピクニックウエディングにしたりとか、下町育ちで、お神輿担ぎたいというお客様がいらっしゃった時は、天井高がある会場さんにお電話して、会場をお探ししたりしたこともありました。

S:へー!お神輿!お祝い事ですもんね。あと今はインスタにアップする方も多いですから、デザインや雰囲気とか重要視されそうです。

田:そうですね。会場をご紹介するときに、「ロケーションや会場デザイン、フォトブースなどが魅力的なので、どこで撮影しても素敵な絵になりますよ」とお伝えすると、喜んでいただけます。

S:こうしてお話をお伺いしていると、ハナユメウエディングデスクが選ばれる理由がわかった気がします。

ハナユメウエディングデスクでのご相談について、具体的な流れを聞かせていただけますか?

田:もちろんです!時間割は下記のようになります。最短で1時間半ですが、お話が尽きないことも多いので、2時間見ていただくと安心です。終日お時間空いていらっしゃれば、来店後、そのまま会場見学にいっていただくことも可能ですよ!

S:だいたい、ひと組あたり何会場くらいご紹介されるものなんですか?

田:平均で7・8会場くらいです。ご希望を伺いながら、サイト上にはない、私たちが知っている情報や知識をフルに生かしてセレクトし、ご提案させていただいています。実際に見学に向かわれるのは、そのなかから3・4会場ほど。多すぎても少なすぎても決めかねてしまいますので・・・。

 

S:なるほどー。前撮りされる方は多いんでしょうか?

田:前撮りをしたいと思っている方は多いのですが、金額面などで断念される方も多いようです。その点、ハナユメは京都と沖縄に提携しているスタジオがあり、独自のセット価格でご提供しているので、とっても人気なんですよ!

 

S:ほうほう。このスターティングブックというのは?

田:こちらもすごく評判がいいのですが、会場名やお名前とかを書き込めるようになっていて、会場を決めるときにとっても便利なんです。なかでもとくにご好評いただいているのがこちらのページなんですが・・・

S:赤字が入ってますね。

田:実はこちら、お見積もりの見方がひと目でわかるページとなっております。これが「すごい参考になる」と言っていただいておりまして、お見積もりって、各会場によって全然項目や見せ方が違うので、気づかないうちに思っていたよりもプラスになってしまっていたら困ると思うんですね。なので、私はいつも、式場見学に向かわれたら下記の3点を確認いただくようにお伝えしています。

S:それ、私もすごい知りたかったです!!言われるがままで、「なんか随分高くなったな」と思いつつ何も言えない、みたいな(笑)。

田:実際に出てくるお見積もりと、実際に支払う金額の幅をなるべく埋められるようなお見積もりの作り方のご案内をしています。お金の話になると、とたんに新郎さまが前のめりになるんです(笑)!女性は会場の雰囲気やお料理にこだわるのに対し、男性はやはりお金が一番気になる、というのが本音のようでして・・・。

 

S:なるほどですね! すごい業界マル秘話をお聞かせいただき、感謝です!

今日は貴重なお時間をありがとうございました!

田:とんでもないです!常に、出来る方法を考えて「ノーと言わない」をモットーに頑張らせていただいておりますので、ぜひ気軽に遊びにきてください(^_^)!

お見積もりだけでなく、ウエディングアドバイザーのお話をぜひとも聞いてみたい!という方は、今すぐ予約してみてくださいね!

 

おふたりの結婚式が、そしておふたりの未来がもっとハッピーなものになりますように

 

相談デスクご利用者満足度98%

この記事を書いた人

Black Board運営局

Black Board運営局です。

関連記事