検索

2018.05.11

【2018最新コスメ】寝不足肌を熟睡肌に!?
ボタニカルパワーが詰まった「Awake」とは

556

提供:Awake

2018年ビューティートレンド 「ナチュラル&リラックス」
 
 
忙しい女子のみなさん、毎日アクティブに活動してますか? がんばりすぎてぐっすり眠れない日々が続くと、お肌もなんだかくすんで見えちゃいますよね。   そんな“がんばりすぎ女子”に朗報! 寝不足でもぐっすり眠ったような「熟睡肌」が叶うコスメが、この春誕生したんです!  

その名は「Awake(アウェイク)」。
 
 
 
2018年のビューティートレンド「ナチュラル&リラックス」にぴったりの、注目の新作コスメなんです!

 

   

植物のパワーがギュッと詰まった、新感覚ナチュラルコスメ
 
 
 
Awake」は、ほとんどのアイテムがナチュラル由来成分90%以上!   オーガニック認証を受けたオリーブオイルやホホバオイルをはじめ、お花にハーブ、ナッツやフルーツから抽出したエキスのパワーを最大限に引き出して、肌本来の美しさを「Awake(目覚めさせる)」してくれます。   もちろん、香りも100%天然香料!オレンジやグレープフルーツ、ティートゥリーにペパーミントなど…植物から抽出した精油を使ったオリジナルアロマブレンドで気分までリフレッシュさせてくれる、まさに2018年トレンドコスメの大本命!
 
 
でも、オーガニック系やナチュラル系コスメの「堅苦しい感じ」は一切なし!そこにあるだけで気分を明るくしてくれるポップでカラフルなデザインで、見ているだけで嬉しくなっちゃいそう♡

 

   

「Awake」だけの万能アイテム “ショット”が楽しい〜♪
 
 
Awake」には化粧水・クリーム・ヘアケアとたくさんのアイテムがありますが…絶対にチェックしておきたいのが、4種類の「ショット」!   オイル状美容液としてはもちろん、ブースターとして化粧水の前に使ったり、洗顔後にこれ1本で時短ケアもできちゃう万能アイテム! お肌のコンディションや気分にあわせて2種以上をブレンドしてもOK!自由にスキンケアを楽しめるんです。

 

\なりたい肌にあわせて選べる4種類/

・ハイドラショット コンセントレイトオイル

[気になる肌悩み] 乾燥、たるみ毛穴  

・ファーマショット コンセントレイトオイル

[気になる肌悩み] 乾燥、ハリのなさ  

・バランスショット コンセントレイトオイル

[気になる肌悩み] テカリ、毛穴の黒ずみ  

・ラディアンスショット コンセントレイトオイル

[気になる肌悩み] 乾燥ぐすみ、ツヤのなさ  

   

寝不足でも熟睡肌が叶う!? 気になる「ショット」を試してみた♪
 
 
4種あるショットの中から「バランスショット」(テカリ、毛穴の黒ずみが気になる人向け)を試してみました!
 
 
まずキャップを開けた時に感じたのは「いい香り〜!」。外見はかわいくて中身に高級感を感じる好ギャップ!   オイル・美容液・パウダーの3層に分かれているショットをよくシェイクして、手の平にとります。
 
 
 

オイルなのに、サラッとしていてベタつき感がない! 伸びも良く、肌にすっとなじみます。 使った後も期待どおり!さっぱりしていて、さりげない「いい香り」がしばらく続くので、お出かけの前や、ちょっとした空き時間、寝る前などにつけてもリフレッシュできそう!   こちらは「ファーマショット」(乾燥やハリのなさが気になる人向け)。

 
 
バランスショットよりも“とろり”としていて、しっとり感も上々!まるで、木々に囲まれているような落ち着く香り。   忙しいときはショットだけで時短ケアしたり、休みの日はマスクやクリームもプラスしてスペシャルケアをしたり…ライフスタイルにあわせて“熟睡肌”が叶えられそうです。

 

   

送料無料!Web限定 トライアルセットでおトクに試せる!
 
 
手間をかけなくても、ぐっすり眠った翌朝のような熟睡肌をかなえてくれる「Awake」。 今なら、ショット・クレンジング・化粧水・クリームの4アイテムが試せるトライアルセットがWeb限定で販売中!

 

「バランスショット」が入っている“さっぱりケア”向けのセットと「ファーマショット」が入った“しっとりケア”向けのセットで、たっぷり10回分の熟睡肌体験をぜひ!  

    しかも、Web限定トライアルセットは、送料無料でとってもおトク!

 
 

仕事にプライベートに、忙しくても、心もお肌もイキイキしていたい!そんな女性にとって、「Awake」は心強い味方! 2018年注目の新しいスキンケアブランドが叶えてくれる“熟睡肌”、ぜひ体験してみてください!   詳しくは公式サイトをチェックしてみてね♡  

この記事を書いた人

Black Board運営局

Black Board運営局です。

関連記事