Black Board

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅で太陽光発電を始めたい人は今がチャンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自宅で太陽光発電を始めたい人は今がチャンス

 

「住宅用太陽光発電」が今、なぜ激アツなのか知っていますか?

 

太陽の光を集めてエネルギーを電気にかえる「太陽光発電」

 

発売当時、一般的な家庭に設置するのには1480万円ほどかかり、とても容易に導入出来る代物ではありませんでした。※1

 

そのため、当時の年間利用者増加数は1000世帯程度。

 

ところが近年、その増加スピードが一気に加速しています。

 

なんと2008年から5年間の間に、増えた設置住宅数の数は45万世帯から154万世帯3倍以上

 

これは、この数年の間に「太陽光発電」の周辺で生じた、あるカラクリに気付いた人達の急激なアクションの結果です。

 

引用元:JPEA太陽光発電協会 太陽光発電の現状と展望

 

表立って挙げられる要因は以下3点です。

 

1、エコへの関心高まり

2、東日本大震災以降における意識の変化

3、技術革新による設置価格の大幅なプライスダウン

 

しかし、この3つが重なったことによって、太陽光発電に関する、ある驚くべきカラクリが、しかも国の力によって構築されました。

 

太陽光発電が爆発的に売れているカラクリ

 

そもそもエネルギーを自国で作り出せない日本にとって、自然に優しく資源がなくても供給可能な「再生可能エネルギー」への関心は元々高かったと言えます。

 

そしてその中でも太陽光への関心は高かったと言えますが、国がある制度を作ったことによって、太陽光発電への注目は一気に跳ね上がりました。※2

 

それが固定価格買取制度です。

 

東日本大震災以降、消費者の意識が変わった

 

福島第一原発の事故によって、原発反対の動きとともに太陽光に大きな注目が寄せられました。

そして再生可能エネルギーの普及を促進させるために、国を挙げて作った制度、その代表となる制度が固定価格買取制度だったというわけです。

 

▼固定買取制度とは

通常、年々変動する電気の売電価格を、設置した時の売電価格で10年間・20年間(プランにより)国が買取価格を保証するという制度。

 

これによって太陽光発電の設置コストを回収するための期間改修後の利益シュミレーションがかなり明確な値で出せるようになりました。

 

技術革新による設置価格の大幅なプライスダウン

 

上記に加えて起きたのが、長年の技術革新によるパネルの大幅なプライスダウン。

 

1000万円を優に超えていた初期コストは、なんと150万円前後にまで抑えることが可能になりました。

 

そして出来あがった構図が

 

10年程度で初期投資を回収、その後は黒字化

 

という、国に支援されたことによって出来た構図。※3

 

これが近年、爆発的に「住宅用太陽光発電」を購入している人が増えている“カラクリ”です。

 

導入可能なのであれば国の支援が継続している“今”

 

下記は売電価格の推移です。

 

 

そう、売電価格は今、緩やかに下降傾向を辿っているのです。※4

 

つまり、国としては一定普及が進んだ後には金銭面でのサポートから手を引き、自然発生的な普及へと移行させたい思惑があるのです。

 

となれば固定買取制度のある今であれば、設置時の価格で10年/20年と売電可能なわけなので、導入をどの段階で検討するべきかは明白です。

 

ちなみに2018年以降も売電単価は経済産業省から予測値が発表されており、更なる下落が想定されています。

 

 

※5

 

上記状況から鑑みると、戸建をお持ちの方であれば誰でも、投資の視点からみても、このタイミングで一度シュミレーションの試算をしてみるのはアリなのでは?と筆者は考えます。

※現在、これほど少ないリスクテイクで10年後に年間10万円以上の利益を上げられる投資商材がこの世に存在するでしょうか?

 

一度「自分の家だったらどういった形の試算になるのか」という数字シュミレーションを、今後行うかもしれない投資の “ものさし”として持っているだけでも、損ではないと思うのです。

 

太陽光発電の精鋭集団【GODA】

 

太陽光発電の相談にはメーカーや量販店など色々種類ありますが、設置の工事まで含めた専門会社に見てもらうのがお勧めです。

 

業界に余り詳しくなく、「たくさんの業者の中から自分で探す基準がよくわからない」という方には、高い実績と深い知見で太陽光発電のプロ集団として名が通っている、「ゴウダ」が良いのでは?と思います。

 

 

太陽光発電システムについては、話題になっていることもあって自分なりに知っている情報もあった。しかし、実際に導入を検討するとなると知らないことだらけであることに気づいたが、ゴウダからは多くのデータや確認ポイントを教えてもらうことができた。

実績が多い業者なので、過去の事例を元に説明していただいたことは大変参考になった。

(M邸様)

 

シミュレーションによる太陽光発電の発電量、電気料金の効果の説明がわかりやすかった。

また親切丁寧で、アフターサービスが良い。

(O邸様)

 

まだ国の恩恵が続いている正にこのタイミング、一度専門家にご相談してみては?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※1太陽光発電の現状と今後の政策の方向性|経済産業省

※2再生可能エネルギーの導入課題を解決する形で太陽光発電の制作支援が開始

http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/renewable/outline/

http://bizgate.nikkei.co.jp/smartcity/technology/000729.html

※3売電による年間平均利益は一般的住宅で全国平均許容4kWで14万円程度

※4情報元:経済産業省資源エネルギー庁 

売電価格の推移(H22年H23年H24年H25~26年H27~28年)

※5引用元:METI/経済産業省

 

会社概要

プライバシーポリシー

 














この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加