Black Board

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“免疫力” に “腸内フローラ” “生活習慣病” 。 すべての悩みをカバーしてくれる!? 「ユーグレナ」のスーパーパワー!を知っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
“免疫力” に “腸内フローラ” “生活習慣病” 。 すべての悩みをカバーしてくれる!? 「ユーグレナ」のスーパーパワー!を知っていますか?

30代、40代、50代・・・と、

人生経験が豊富になるほどに、

健康の悩みは増えていくものですよね。

日々感じるちょっとしたカラダのお悩み、

そのままにしていませんか?






実は、このようなカラダの不調を、

一見まったく関係がなさそうなのに、一度に解決してくれる!?かもしれない、

スーパー成分があるのをご存知でしょうか。

 
 

この研究レポートに注目!

魅惑のスーパー成分ユーグレナは、

ヘルスケアの未来を変える!?

実は、それがユーグレナ、別名ミドリムシなんです。誰もが小学校の生物の教科書などで一度は見たことがある、自分で光合成する、動物と植物の両方の特徴を持っている、あの緑色の生き物です。

 
 

ユーグレナについてもっと知りたい方はこちら!

 
 

 
 

「え、ミドリムシって、食べられるの?」

そう思った方もいらっしゃるかもしれません。

どうかご安心ください!

“ムシ”といっても、いわゆる虫ではなく、

ワカメやコンブと同じ「藻」の一種なので、食べても大丈夫!

ユーグレナは動物と植物の両方の要素を持っていて、

栄養素がとっても豊富なんです。

新発見①

『ユーグレナは免疫力にいい?』

年を重ねるにつれてどんどん低くなっていく“免疫力”

乳児や妊婦、高齢者はとくに免疫力が下がりやすいと言われています。

 

そのほかにも、アスリートなど激しい運動をしている人や、

強いストレスを感じている人も免疫力が低下しやすいのだとか。ちょっと意外ですよね。

 

免疫力と関係していると言われているものに、毎年多くの人を苦しめる花粉症や、インフルエンザ

免疫機能がうまくいかないことでおこるアトピー性皮膚炎などがあります。

緊急性はありませんが、日々のQOLを著しく下げてしまいますし、また精神的にもつらいものです。

 

 

スギ花粉症を発生させたマウスにユーグレナを摂取させたところ、

摂取していないマウスに比べ、花粉症の症状を表す鼻掻き行動の割合が低くなったとか。

まだ研究段階ではありますが、ユーグレナの摂取が、

スギ花粉症症状を緩和する可能性が示されたのです。

同じような実験で、ユーグレナおよびパラミロンの摂取でインフルエンザ症状が緩和されたり、

ユーグレナに含まれる食物繊維であるパラミロンの摂取で、

アトピー性皮膚炎の症状を緩和する数値も確認されているのです。

新発見②

『ユーグレナは腸内環境にいい?』

ここ数年で浸透し始めてきた“腸内フローラ”というワード。

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

腸といえば、気をつけなければいけないのは「便秘」

“病気”という自覚がない人が多いかもしれませんが、

便が大腸内に長期間たまっていると、腸内環境が悪化し、有害物質が大量に発生。

結果、食欲不振や肌荒れ、さらにより重篤な症状を引き起こす可能性もあるのです。

 

顕微鏡で腸の中を見ると、さまざまな細菌が

まるでお花畑(FLORA)のように見えることから、“腸内フローラ”と呼ばれているわけですが、

この腸内細菌が占める、乳酸菌やビフィズス菌などの“善玉菌”を増やすといいと言われています。

 

 

実際に20歳以上〜60歳未満の女性を対象に、プラセボ食(見た目は試験食と変わらないもの)と、

ユーグレナの含有量を変化させた試験食を順番に摂取してもらったところ、

ユーグレナを含む食品を摂取した人の方が、排便回数、排便日数が増加することが確認されました。

また、ユーグレナエキスは乳酸を産生する、という特性があります。

牛乳にユーグレナエキスを添加すると、

ユーグレナエキスを入れていないものと比べて、より早くヨーグルト化しました。

つまり、ユーグレナエキスが乳酸菌の働きを活性化させてくれたのです。

新発見③

『ユーグレナは生活習慣病にいい?』

健康診断などの数値で引っかかっていなくても、

外食が多かったり、脂っこいものが好きだったりする人は、要注意。

積もりに積もって血液中のコレステロールや中性脂肪が増えすぎると、

動脈硬化のリスクを高めてしまいます。

 

また、糖尿病にも気をつけなければいけません。

一度かかると厳格な食事療法や長期の通院が必要になったり、

失明などの合併症につながる場合もあります。

 

 

血中脂質が高めの男女30名に、2ヶ月間続けてユーグレナ粉末(1g)を摂取してもらったところ、

血中LDLコレステロール値が減少しました。

つまり、ユーグレナを摂取すると、悪玉コレステロール値が減少することが示されたのです。

また、糖尿病を発症させたモデルラットにユーグレナ粉末を入れた餌を10週間摂取させたところ、

血糖値の合計が減少。ユーグレナを継続して摂取することで、

糖尿病症状のひとつである血糖値の上昇を抑制し、

糖尿病の予防につながる可能性が示されたのです。

 
 

飲むことが健康寿命につながる!?

安心成分「ユーグレナ」のすごい可能性

いかがでしたか?
たったひとつの生物・ユーグレナが、こんなにもさまざまな症状を緩和させてくれる可能性があるなんて、驚きです!
ぜひこれからも、未踏のスーパー成分、ユーグレナに注目してみてくださいね。

 
 

ユーグレナについてもっと知りたい方はこちら!

 
 

 
 

30代、40代、50代・・・と、

人生経験が豊富になるほどに、

健康の悩みは増えていくものですよね。

日々感じるちょっとしたカラダのお悩み、

実は、このようなカラダの不調を、

一見まったく関係がなさそうなのに、

一度に解決してくれる!?かもしれない、

魅惑のスーパー成分ユーグレナは、

ヘルスケアの未来を変える!?

実は、それがユーグレナ、別名ミドリムシなんです。誰もが小学校の生物の教科書などで一度は見たことがある、自分で光合成する、動物と植物の両方の特徴を持っている、あの緑色の生き物です。

 

そう思った方もいらっしゃるかもしれません。

どうかご安心ください!

“ムシ”といっても、いわゆる虫ではなく、

ワカメやコンブと同じ「藻」の一種なので、

食べても大丈夫!

ユーグレナは動物と植物の両方の要素を持っていて、栄養素がとっても豊富なんです。

年を重ねるにつれてどんどん低くなっていく“免疫力”

乳児や妊婦、高齢者はとくに免疫力が下がりやすいと言われています。

 

そのほかにも、アスリートなど激しい運動をしている人や、強いストレスを感じている人も免疫力が低下しやすいのだとか。ちょっと意外ですよね。

 

免疫力と関係していると思われるのが、毎年多くの人を苦しめる花粉症や、インフルエンザ、免疫機能がうまくいかないことでおこるアトピー性皮膚炎などがあります。

緊急性はありませんが、日々のQOLを著しく下げてしまいますし、また精神的にもつらいものです。

スギ花粉症を発生させたマウスにユーグレナを摂取させたところ、摂取していないマウスに比べ、花粉症の症状を表す鼻掻き行動の割合が低くなったとか。

まだ研究段階ではありますが、ユーグレナの摂取が、スギ花粉症症状を緩和する可能性が示されたのです。

同じような実験で、ユーグレナおよびパラミロンの摂取でインフルエンザ症状が緩和されたり、ユーグレナに含まれる食物繊維であるパラミロンの摂取で、アトピー性皮膚炎の症状を緩和する数値も確認されているのです。

ここ数年で浸透し始めてきた“腸内フローラ”というワード。

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

腸といえば、気をつけなければいけないのは「便秘」

“病気”という自覚がない人が多いかもしれませんが、便が大腸内に長期間たまっていると、腸内環境が悪化し、有害物質が大量に発生。

結果、食欲不振や肌荒れ、さらにより重篤な症状を引き起こす可能性もあるのです。

 

顕微鏡で腸の中を見ると、さまざまな細菌がまるでお花畑(FLORA)のように見えることから、“腸内フローラ”と呼ばれているわけですが、この腸内細菌が占める、乳酸菌やビフィズス菌などの“善玉菌”を増やすといいと言われています。

実際に20歳以上〜60歳未満の女性を対象に、プラセボ食(見た目は試験食と変わらないもの)と、ユーグレナの含有量を変化させた試験食を順番に摂取してもらったところ、ユーグレナを含む食品を摂取した人の方が、排便回数、排便日数が増加することが確認されました。

また、ユーグレナエキスは乳酸を産生する、という特性があります。

牛乳にユーグレナエキスを添加すると、ユーグレナエキスを入れていないものと比べて、より早くヨーグルト化しました。

つまり、ユーグレナエキスが乳酸菌の働きを活性化させてくれたのです。

健康診断などの数値で引っかかっていなくても、外食が多かったり、脂っこいものが好きだったりする人は、要注意。

積もりに積もって血液中のコレステロールや中性脂肪が増えすぎると、動脈硬化のリスクを高めてしまいます。

 

また、糖尿病にも気をつけなければいけません。

一度かかると厳格な食事療法や長期の通院が必要になったり、失明などの合併症につながる場合もあります。

血中脂質が高めの男女30名に、2ヶ月間続けてユーグレナ粉末(1g)を摂取してもらったところ、血中LDLコレステロール値が減少しました。

つまり、ユーグレナを摂取すると、悪玉コレステロール値が減少することが示されたのです。

また、糖尿病を発症させたモデルラットにユーグレナ粉末を入れた餌を10週間摂取させたところ、

血糖値の合計が減少。ユーグレナを継続して摂取することで、

糖尿病症状のひとつである血糖値の上昇を抑制し、

糖尿病の予防につながる可能性が示されたのです。

安心成分「ユーグレナ」のすごい可能性

いかがでしたか?
たったひとつの生物・ユーグレナが、こんなにもさまざまな症状を緩和させてくれる可能性があるなんて、驚きです!
ぜひこれからも、未踏のスーパー成分、ユーグレナに注目してみてくださいね。

 


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加