検索

健康 2018.03.06

【前年比1.5倍】花粉シーズン到来! 花粉に悩む人が多いなかで注目が集まる“ある成分”とは?

0

PR:久光製薬株式会社

 

 

 

今年も花粉の季節真っ盛りですね。

 

せっかくの春の訪れなのに、憂鬱な時期でもありますよね。

 

 

さらに残念なことに、2018年は昨年よりも花粉の飛散量がかなり多いようです。。

 

 

2018年春はヤバい!日本気象協会から早めの対策の呼びかけ

 

日本気象協会によると、2018年の花粉飛散は前シーズンの飛散量を上回るという予測を発表しており、注意を喚起しています。

 

関東甲信や四国地方では前シーズンの1.5倍、東北地方ではなんと2.1倍になるとのこと!(※1)

 

昨年もあれだけツラかったのに、その2倍ってきついですね・・。

 

 

スギ花粉は4月上旬までピークが続き、そのあとはヒノキ花粉が4月中旬まで続く見込みです。

 

 

暖かくなるにつれて花粉の飛散量も増してくるので、毎年悩まされる方は早めに対策法を見直しておきましょう!

 

>>花粉に悩む人がとりいれている「ある成分」って?

 

 

つらい花粉のお悩み、どうにかならないの?

 

花粉に対するセルフケアですが、日本気象協会によると次の注意点を挙げています。(※2)

 

花粉が多く飛散するのは、

  • 晴れて気温の高い日
  • 空気が乾燥して風が強い日
  • 雨上がりの次の日や、気温の高い日が2、3日続いたあと

になります。

 

そして飛散数の多い時間帯は、 昼前後と夕方  です。

 

 

こうした時間帯は特に、マスクやメガネの着用をおすすめしています。

 

マスクを着用するだけで1/3〜1/6の花粉をカットし、メガネをすることで、眼に入る花粉を約40%減らすことができると言われているそうです。

 

これらの基本的な対策のほかにも、食品やサプリをとり入れるという方法を選ぶ人も多いようです。

 

>>花粉に悩む人が注目のサプリとは?

 

 

花粉に悩む人の約半数が○○を摂取!

 

花粉に悩む人を対象にしたある調査(※3)によると、花粉対策として約6割の人が食材やサプリメントを取り入れた経験があるそうです。

 

 

そのなかでも多いのが、1位「ヨーグルト」46.4%、2位「甜茶」、3位「乳酸菌」13.2%

 

実に半数近くもの人が、乳酸菌食品やサプリメントをとり入れているようです。

 

 

 

 

それでも、ヨーグルトを毎日食べるのは大変・・・という方には、サプリメントで手軽に乳酸菌をとる方法がおすすめです。

 

1袋で1兆個の乳酸菌がとれるサプリ「乳酸菌EC-12」

 

乳酸菌サプリを選ぶ際は、配合されている乳酸菌の数に着目しましょう。

 

 

久光製薬の「乳酸菌EC-12」は、1袋でなんとヨーグルト100個分に相当する1兆個(!)の乳酸菌が配合されているそうです。

 

 

高度な加熱処理が施されているため、胃酸で消化されることもなく腸までしっかり届いて、善玉菌の増加をサポートしてくれます。

 

 

1日分の1袋が約2.4kcalなので、これならカロリーが気になる人にも安心して続けられそうですね。

 

 

 

今なら初回限定で、1ヶ月分30袋が1,810円でお試しできて、1日約60円で気軽に始められます。

 

お得なこの機会に、ぜひこのサプリをお試ししてみては?

 

 

 

 

\「乳酸菌EC-12」を初回限定のお得な価格で試してみる!/

 

 

 

※1:日本気象協会「日2018年 春の花粉飛散予測(第4報)」2018年2月15日発表

※2:日本気象協会「今年の花粉飛散状況は前シーズンより多め!? 早め早めの対策を!」2018年02月28日

※3:https://www.intage.co.jp/library/data/2017/01/intage_report201701191.pdf

 

 

 





この記事を書いた人

Black Board運営局

Black Board運営局です。

関連記事