Black Board

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界でたった1つ!自分たちらしい結婚式を挙げる方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界でたった1つ!自分たちらしい結婚式を挙げる方法とは

 

「念願のプロポーズされちゃった!」

 

そんな幸せいっぱいのプレ花嫁さん。

 

これからホテルや教会の式場探しを・・・なんて思っていませんか?

 

でもちょっと待って!

 

最近は、あっと驚くような場所で開催したり、ユニークな演出やアイデアが盛り込まれたりするなど

 

ふたりらしさを最大限表現して、ゲストを喜ばせたい!

世界でたった1つのオリジナル結婚式を挙げたい!

 

そんなカップルが急増しているみたいなんです。

 

 

そんな現代の新しいニーズに向けて、いち早くサービス化されたのが「オリジナルウェディングのプロデュース」!

 

今回は、そんな個性溢れる世界でたった1つのオリジナル結婚式の魅力をご紹介。

 

自分たちらしい結婚式を挙げたいけれど、どうやって実現したらいいのか分からない・・・そんなカップルの皆さんは要チェックです♪

 

親しい仲間と愉快なひとときを過ごす「キャンプファイヤーウェディング」

(30代新婦・広告代理店勤務)

 

アウトドアが共通趣味の私たち二人が手がけたのは、初夏の「キャンプファイヤーウェディング

 

 

挙式テーマは、「人と人とを繋げる温かみ」。

 

とにかく一切の格式をなくして、自由でアットホームな空間にしたくて。

 

彼はハーフパンツにシャツ、私はコットンワンピースにお気に入りの麦藁帽子をかぶるというフリースタイルで、田舎育ちでアクティブな私達をイメージ。

 

芝生のバージンロードから入場すると、まるで幼少期に戻ったかのような私たちの装いに皆とっても驚いていて。いつも二人でいるときのような飾らない私たちを見てもらえた気がして、なんだか嬉しくなりました。

 

 

夕暮れ時、夏の夜の涼しさが出てきたところで、メインのキャンプファイヤーがスタート。

 

定番の「マイム・マイム」に最初は堅苦しかった友人達も少しずつ体を揺らし始めて・・・。

 

懐かしさにどこか照れくさそうで、でもそれを含めてみんなの笑顔がとても自然。

 

 

そして全員が手を繋いだ瞬間、会場にはその日一番の一体感が。

 

この時、この感覚が彼と私が実現したかった結婚式だと実感。

 

もはや結婚式というより“結婚祭”という言葉がふさわしい、大自然でのウェディングが実現できました。

 

仲間の力も借りて!二人の出逢いを再現「ライトガーデンウェディング」

(20代女性・担当プランナー)

 

アメリカ留学中に出会ったというお二人。デートでは、ネオン輝く夜の野外テーマパークによく足を運ばれたそう。

 

 

そんなお二人が出会った土地での色濃い思い出を、ゲストや両親にも共有したい!そんな想いを聞いたとき、ふと頭に浮かんだのが「ライトガーデンウェディング」でした。

 

 

多くのご友人がいらっしゃるお二人が会場に選んだのは、都内の広大なガーデンテラス。

 

披露宴として使用するのは初めての場所でしたので、もちろん照明設備などはほとんどなく、設営するインテリアライトの量がこれまで経験したことがないくらい膨大でした笑。

 

そんな会場設営をご友人たちにも頼んでいたようだったのですが、披露宴開始前の会場をのぞいてみると・・・そこには初対面のゲスト同士が早くも打ち解け合い、仲良くライトの設営をしている姿が。

 

式開始前にも関わらず愉快でアットホームな雰囲気のテラス。これなら誰も実現したことのないオリジナルウェディングでも、絶対に成功すると確信したのを覚えています。

 

 

式では、王道のボリュームドレスを避け、型破りなスレンダードレスにて入場した新婦さま。

 

ゲストや新郎さまと気軽にハグや会話ができるようにと、距離を縮められるドレスを選んだそう。そんな心遣いができるお二人だからこそ、これだけ多くのゲストに祝福していただけたのだと納得いたしました。

 

 

挙式準備は、夫婦にとって初めての共同作業

 

 

そんなことをよく耳にしますが、前例のないライトガーデンウェディングを無事成功に導いたお二人の絆はもちろん、ゲストの方々全員の仲もこの上なく深まったような気がして・・・私もプランナーとして参加できたことが一生の思い出になりました。

 

とことん凝るなら結婚式のプロによるサポートがおすすめ

そんなオリジナルウェディングは魅力的だけれど、やっぱり自分たちだけではアイデア出しにも限界があるし、当日までに準備が間に合うか不安。

 

そんなとき頼りにしたいのが、オリジナルウェディングのプロデュースサービス

 

結婚式のノウハウを持ったプロ集団が責任を持って、二人のやりたい、叶えたいアイデアを実現させます!

 

 

中でも数多くのメディア掲載実績を誇り、これまで多くのオリジナルウェディングをプロデュースしてきたのが『ブライディール』。

 

<ブライディールを利用するメリットって?>

  • 式のコンセプトから場所探しまで+@の提案をしてくれる

「オリジナルウェディング=センスがあるカップルがやるもの」と思いがちですが、ブライディールなら、お二人のアイデア+@で生い立ちや趣味などからぴったりのコンセプトを提案。

 

  • DIYの強い味方!デザイナーまで全面サポート

手作り作業が多いオリジナルウェディングだからこそ、細部にこだわるデザインセンスはマスト。プランナーに加えてプロのデザイナーがDIYをサポート。

 

  • ご成約まで何度でも相談無料

相談の段階では、一切費用はかかりません。何度もプランやお見積を確認し、プランに納得いただくよう何度でもサポート。

 

そんな『ブライディール』で行われた、一組のオリジナルウェディングの様子をご紹介。

 

 

春の日差しが暖かい良き日に、国を超えたあたたかいパーティーが行われました。

カナダ出身の新郎様と日本出身の新婦様。現在は海外にお住まいのおふたり。

 

「この結婚式をきっかけに大切な人たちが出会い交流できる場をつくりたい」との想いから、海外のゲストも日本のゲストも楽しめそうな、葉山のとある古民家別荘を選びました。

 

目印は出会いのきっかけとなったデニムを使った暖簾。

ワクワクしながら暖簾をくぐれば、おふたりらしいパーティーのはじまりです。

 

 

 

会場の中に入ると新婦様がひもを編んでお手作りしたマクラメと爽やかなグリーンをあしらった装飾がさらに優しく落ち着いた空間を演出してくれます。

おふたりのパーティーには、あえて高砂もお席次もありません。

 

 

 

 

 

 

来てくれたみんなの声と声が心地良く聞こえる雰囲気、

ハーモニーを大事にする和みの空間・時間をみんなと共有できたらとの想いで創り上げた一日。

まるでおふたりの家に遊びに来たかのようなアットホームな時間が実現しました。

 

 

『ブライディール』では、今だけオリジナルウェディングプロデュース料10万円とプロカメラマンによる記念写真撮影がプレゼントされるお得な特典がついてくるとのこと。

 

あなたも一生に一度&世界で1つのオリジナルウェディングを『ブライディール』で挙げてみては?

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加