検索

健康 2017.09.25

遼河はるひさんもおススメ!和漢の力を活かした薬用育毛剤とは

0

 

こんにちは!ライターN(45歳)です。

 

フリーランス生活も早20年。ONとOFFの切り替えが難しい仕事なので、よく気分転換に美容院に行ったりするのですが、最近はなぜか思い通りにヘアスタイルが決まらなくなってきたんです。

 

髪のボリュームがなくなり、なんだか毛が抜けやすくなったような…。

 

年齢とともに化粧ノリが変わってくるように、これって髪のエイジングの問題なのかも!?と思い始め、いろいろと調べてみました。

 

女性の10人にひとりが、こっそり抜け毛に悩んでる!

 

ある調査によると、女性の10人にひとり、およそ 600万人が髪の抜け毛に悩んでいる※1と言われています。

 

しかし、その多くが

 

「誰にも抜け毛の悩みを相談したことがない」※2

 

ということが判明!

 

髪のトラブルに悩んでいても、人に相談するのには少しデリケートな問題ですよね・・・。

 

実はアナタも薄毛予備軍!?女性特有の薄毛になる原因とは

 

「薄毛は男性だけのものでしょ?

 まさか私が薄毛になるなんて!!!」

 

と思う方もいるかもしれません。

実は女性の薄毛は、男性とは違う原因があるのです。

  • 日常のストレス
  • 冷え性
  • 無理なダイエット
  • 妊娠・出産

日々の生活環境のストレスだけでなく、妊娠や出産などでホルモンバランスが乱れることによって、女性でも薄毛が進行していくのは、ごく自然なことだったんですね。

 

そういえば近頃、私も分け目がちょっと目立つようになってきて、もしかして薄毛が始まっているのかも…。なんとか対策をしなくては・・・!

 

NHK「助けて!きわめびと」TV出演の女医も進める髪への“先行投資”

 

 

薄毛に悩む女性は、40代・50代で80%近くになる※3というデータもあるそう。女性の頭髪のエキスパートである医師によると、薄毛の悩みには、生えてくる髪への“先行投資”が必要なのだとか。

 

髪の毛を作るタンパク質や、発毛をサポートするビタミンやミネラルを多くとり、体内環境をよくしていくことが大切なんだそう。

 

そして、外側からの集中ケアも忘れてはいけません。重要なのはどんな成分が配合されているかなんです。

実は、女性の薄毛には、古くから認められている和漢の生薬があるのです。

 

エイジングヘアには昔ながらの和漢がいいらしい!?

 

女性のエイジングヘアケアにぴったりの生薬、それが、

  • 甘草(カンゾウ) 頭皮トラブルをケアし、発毛を促進する
  • 芍薬(シャクヤク)  優しくケアし、柔らかな頭皮を育む
  • 当帰(トウキ) ビタミンB12などを含む。刺激を防ぐ

の3つ。婦人科系の和漢にも必ず含まれているといってよいほど、女性のカラダにとって、味方になってくれる生薬なのだそう※4

 

そしてその生薬がしっかり配合された、女性のための薬用育毛剤があったんです。それが…

 

和漢研究の世界的権威と共同開発した女性のためのヘアケア

 

「長春毛精」は、和漢研究の世界的権威「長春中医学院」との共同開発によって生まれた、女性のための薬用育毛剤

 

医薬部外品としての配合が可能な天然成分をとことん追求し、女性の髪のさまざまな悩みに合わせて厳選しています。

 

 

女性の髪にとって重要な、甘草、シャクヤクエキス、トウキエキスはもちろん、ヒノキチオール(有用成分の浸透を促す)、アロエエキス(トラブルケア)など、女性の髪と頭皮を考えた自然由来の生薬12種類を配合。その結果、和漢植物ならではの美しさとしなやかさを実現したのです。

 

女性の髪と頭皮をいたわりながら、ケアができる薬用育毛剤となれば、試さない手はないですよね!

 

「和漢植物」と「浸透*力」で美しくコシのある髪に

 

薬用育毛剤「長春毛精」は、独自技術により、髪の毛の直径1,000分の1という極超微粒子にナノ化することで、頭皮全体からスムーズに有効成分が角層まで浸透*。使うたびに、毛穴にスーッと入っていく感じが気持ちいいんです!

 

消費者の発毛・育毛実感から生まれた、サロン生まれの薬用育毛剤

 

実は、現在も変わらぬ美しさで活躍している、タレントの遼河はるひさんもオススメなのだとか。あのツヤツヤの美髪がキープできているのは、「長春毛精」のおかげなのかも・・・?

 

 

初回限定特別価格で、約85%OFFの1,080円(送料無料)です。

まずは1か月、使い心地を実感してみてください!

 

*毛髪・角質層まで

※1 http://www.skincare-univ.com/daily/column/001468/

※2 https://www.nagase.co.jp/assetfiles/news/20150805.pdf

※3 https://www.nhk.or.jp/kiwamebito-blog/2017/07/22/

※4 http://www.skincare-univ.com/article/006673/

 

 









この記事を書いた人

Black Board運営局

Black Board運営局です。

関連記事