検索

2017.09.14

私たちが“肌ストレス”をケアすべき理由

1639

 

みなさんこんにちは。ライターのS子と申します。

突然ですが、質問です。

 

「昨日の夜は、何時間寝ましたか?」

 

「最近ずっと忙しくて、5〜6時間寝れたらいい方かも…」

そんな方も多いのではないでしょうか。

 

実は、私たち日本人女性は、世界で一番平均睡眠時間が短いといわれています。

 

 

とあるデータによると、世界一睡眠時間が長いのは、

スウェーデンの女性で、なんと1日 9.1時間 も寝ているそう!

 

う、うらやましすぎます・・・

 

それに対して、日本の女性は 7.6時間!!なんと1時間半もの差があるんです。

この数字だけを見ても、とにかく日本の女性は忙しすぎです・・・!

 

こんなに睡眠時間が足りないと、カラダだけでなくお肌だってお疲れモードになってしまいますよね。

 

肌リズムが乱れてる!? お疲れモードに必要なケアとは

 

日本の女性たちは、仕事や家事、育児に遊びに(笑)、とにかく毎日忙しい。

 

その影響で、肌トラブルも起こりやすいわけですが、肌へのダメージ※は、外的な要因によるものばかりではありません。気持ちに余裕がなくて、心のダメージを受けてしまうと、それが肌にも影響してくるのです。

 

もはや私たちにとって、お肌のストレスケアはマストな状態になっているのかもしれません。

 

 

実は最近、肌に悩める人気インスタグラマーの間で話題の、肌ストレスのための美容液があるんです。

 

どんな美容液なのかというと・・・

 

※乾燥、紫外線など

 

コンセプトは「なにがあっても、肌だけは大丈夫」な美容液

すべてのお疲れ女子のお肌のために考えて開発されたというこちらの美容液。人気インスタグラマーの間でも話題です。

 

「しっとりしてモチっとした肌になりました」misaki_y_6091さん

 

「ダメージ肌をしっとりもちもちにしてくれるんです」ruri_ikedaさん

 

「手に吸い付くくらい肌が潤ってぷるぷるモチモチになるの…」katorubiさん

 

実際に使ってみたみなさんのコメントで共通して言われているのが、

“ぷるぷる” “モチモチ”になる、“弾力がある”というキーワード。

 

乾燥がつらい今の季節、どんなアイテムなのか、気になるところです。

※乾燥、紫外線など

 

女性の肌悩みに寄り添って20年!アユーラの美容液

 

お疲れぎみな日々の中、頑張っている日本の女性たちのために、本当に必要なアイテムってなんだろう…?
その答えを探して、20年以上女性の肌を研究し続けてきたアユーラが生み出したのが、“ストレスを受けた肌“のための美容液

 

その名も、リズムコンセントレート

 

肌ストレス※に働きかける「コウヤマキエキス」が配合されており、紫外線、乾燥、スマホのブルーライト、心やからだのお疲れモードなど…私たちをとりまくさまざまな外的・内的ダメージから、肌を守ることをコンセプトとした美容液なんです。

 

chiharukoshibaさん

ポイントは、下記の3つ。

 

★アプローチその1★ 肌ストレス※に働きかける

★アプローチその2★ ダメージ※をケア

★アプローチその3★ バリア機能をサポート

※乾燥、紫外線など

 

この3つのアプローチによって、ダメージ※を受けた肌をすこやかに、ベストな状態へと近づけていきます。

 

さらに、「ベルガモット」「ローズマリー」などのハーブエキスを配合。香りでも癒されて、ケアの時間がリラックスタイムなるのも嬉しいところ。

 

 

「リズムコンセントレート」を使うことで、まるで生まれ変わるような、本来の肌のパワーを取り戻すことができたら、毎日もハッピーに過ごせるかもしれませんよ♪

 

たっぷり10日分のトライアルセットをたったの980円でお試し♪

 

 

 

「何をやってもダメだった」というダメージ肌※モニターの91%が満足した(自社調べ)という、AYURAの美容液「リズムコンセントレート」

 

今使っているスキンケアにプラスオンするだけ、という手軽さも魅力です。

 

今なら、美容液のトライアルセットを、初回限定・Web限定で、通常(2,000円(税抜))の半額以下でお試しできます。

 

メーク落とし、洗顔料、ふきとり用化粧水&コットン、化粧液の4つのフェースケアサンプル付きなので、ライン使いでさらに効果が実感できるのもうれしいポイント。

 

最近お疲れぎみの方は、ぜひAYURAの美容液で癒されてみてくださいね♪

※乾燥、紫外線など

 

 

参照:国際日本データランキング http://president.jp/articles/-/19103










この記事を書いた人

Black Board運営局

Black Board運営局です。

関連記事