検索

2019.05.10

【今なら半額!】機内でも旅先でも潤いキープ!頼れるお守りコスメ

0

PR

株式会社山田養蜂場

GWが終わったと思ったら、そろそろ夏休みの予定が話題になる時期ですね。

旅行を計画している方も多いのでは?

 

女性にとって旅の悩みどころが、環境の変化が引き起こす、旅先での肌あれですよね。特に、気になるのが乾燥ではないでしょうか。

 

楽しい旅行後の「乾燥」なんとかしたい!

 

 

こんにちは!32歳旅行ライターのユキです!

私は仕事柄、1年の約半分は旅行をしています。

 

あちこち出かけるのは楽しいけれど、空調の効いた電車やバスでの移動、そしてホテル、太陽の下での観光…

 

旅行中の肌はとにかく乾燥しがちです。

海外旅行の場合、特に怖いのが長時間のフライト。飛行機の中は砂漠並みに乾燥してるんです。

 

 

アラサーになってからは、旅行から帰ると、肌の乾燥が進んでいると感じることが増えました。

旅先でも、旅行後でもキレイな肌でいたいのに!

そんなときに出会ったのが、山田養蜂場の「RJローション EXエクセレント」。

 

 

ようやく出会えた!潤いのお守り「RJローション EXエクセレント

 

 

見てください、このとろりと濃厚なテクスチャー。

 

 

化粧水なのに、まるで美容液のよう♪

つけた瞬間は濃厚なのに、肌に伸ばすとスーっとなじんでくれます。

 

 

 

ベタつかないので、使いやすいです!

 

 

朝の潤いがスゴい!化粧ノリまでいい感じ!

 

 

先日も、取材でハワイに5日間ほど滞在したときも、「RJローション EXエクセレント」の潤いパワーに救われました。

 

燦燦さんさんと太陽が降り注ぐビーチリゾートや、乾燥の激しい環境で一時的に肌がカラカラに乾いても、夜、RJローション EXエクセレントをつけて、さらにRJエクセレントシリーズのエッセンスとクリームで仕上げて眠れば潤ったツヤ肌に!

 

 

特に乾燥しやすい目元や口元、年齢の出やすい首元やデコルテは念入りに重ねづけしています。

旅先では疲れて早く寝てしまいたいのが本音ですが、このひと手間で、化粧ノリが違ってくる気がします!

 

 

潤いの理由は「Wダブルのローヤルゼリーエキス※1

 

RJローション EXエクセレント」は保湿成分として、希少な生ローヤルゼリーをエキス化した2種類のローヤルゼリーエキス※1が配合されているんだそう。

 

そもそも、ローヤルゼリーは、ミツバチが作り出す天然成分。

人工的には合成できない貴重な成分で、美容成分としても注目されているみたい。

 

 

しかも山田養蜂場は、70年以上前からローヤルゼリーを中心に、200を超えるミツバチ産品を活かした製品をつくっている老舗で、養蜂から製品化、そして商品の発送まで一貫して自社で行っているんですって。

 

 

化粧品に配合する成分から自社で管理しているってところも、私が「RJローション EXエクセレント」のファンになった理由のひとつです。

※1 保湿成分

 

 

雑誌やwebメディアでも話題!

 

 

2018年11月にリニューアル発売された「RJローション EXエクセレント」。

なんと、使用感満足度は93%!※2

RJシリーズ全体では累計販売2,100万本突破※3を記録しているそう!

 

支持されているだけあって、人気の美容雑誌や、webメディアでもよく見かけます。

※2 山田養蜂場使用感満足度調査 n=15 2018年11月25日~2019年1月10日実施

※3 RJシリーズ累計1998年~2018年7月末調べ

 

 

RJローション EXエクセレント」が今ならなんと半額!嬉しい特別記念キャンペーンも!

 

 

RJローション EXエクセレント」は、初めて購入する方限定の特別キャンペーンを実施中。

 

今なら、たっぷり約1.5ヵ月分の本商品が通常価格4,000円+税のところ、約50%OFFの1,980円+税で購入できます。しかも送料無料!※4

 

さらに今なら、RJシリーズ累計販売2,100万本突破※3記念として、RJシリーズの「薬用※5 RJエッセンス EXエクセレント」と「RJクリーム EXエクセレント」のミニサイズ(約5日分)もついてくる、期間限定※6のおトクなキャンペーン中なんだとか!

 

お得に試すなら今がチャンス!

この機会にぜひゲットして、旅行中も旅行後もぷるぷるの潤い肌でお過ごしくださいね!

※3 RJシリーズ累計1998年~2018年7月末調べ

※4 お一人様1回1本限り

※5 医薬部外品

※6 2019年6月24日まで

 

 

プライバシーポリシー

特定商取引法に基づく表示

会社概要

 

この記事を書いた人

Black Board運営局

Black Board運営局です。

関連記事