検索

2018.08.30

何気ない習慣が命取りに!?美しい歯を手に入れるためにやってはいけない「5つの習慣」

281

PR:株式会社コハルト

「真っ白で美しい歯」

 

女性にとっては永遠の憧れですが、鏡に映った自分の歯を見て、理想と現実とのギャップに思わずため息…

 

歯の黄ばみの原因としては、コーヒーや赤ワイン、ステインなどに含まれるステイン(着色汚れ)やタバコのタールが歯の表面に付着することや、
加齢によって歯の表面のエナメル質が薄くなったりすることが挙げられますが、自分の好きなものを我慢するのはわかっていても難しいし、加齢はどうしようもないし…なかなかうまくいかないものです。

 

 

だからといって何も対策をしないと状況は悪化する一方。

 

第一印象の中で歯が与える印象は大きく、歯が黄ばんでいる人の印象はなんと68%が「不潔に見える」というアンケート結果も。

 

 

そこで今回は、小さいころから毎日当たり前のように行っている歯みがきについて、多くの人が誤った認識を持っているであろう5つの習慣をご紹介します。

 

 

やってはいけない「5つの習慣」


(1)ゴシゴシと強く磨かない

汚れを落とそうとゴシゴシと強くこすったり、硬い歯ブラシで磨いたりすると歯のエナメル質や歯茎を傷つけてしまいます歯磨きは「やさしく丁寧に」がお約束です。

 

(2)歯みがきの前にうがいをしない

歯みがきの前にうがいをしたり、歯ブラシや歯みがき粉に水をつけたりするのは、実は間違った方法。歯みがき粉の有効成分が歯に吸着しにくくなるので歯みがきは口が渇いた状態で行いましょう。

 

(3)食後すぐに歯を磨かない

食後すぐは歯のエナメル質がやわからくなっていますよって食後30分ほど時間をおいてから、最低でも1日2回以上歯みがきをするのがおすすめです。

 

(4)デンタルリンスに頼らない

デンタルリンスは口臭を防いだり口の中を浄化したりするだけで実は歯の汚れはあまり落ちません。必ず歯は磨く必要があります。

 

(5)市販の歯磨き粉を使わない

市販の歯磨き粉は泡立ちもよく使用後の爽快感もありますが、研磨剤や発泡剤が入っているものが多く、逆に歯を傷つけてしまうケースも。

 

 

歯みがき粉を変えるだけで、人生が変わる!?

いかがでしたか?

普段なにげなくやっていることもあったのではないでしょうか。

「市販の歯みがき粉以外買ったことない。」という方は、以下のポイントを抑えて選ぶとよいです。

 

(1)ポリリン酸ナトリウムやメタリン酸ナトリウムなどのホワイトニング成分の入っているものを選ぶ

 

(2)研磨剤や発泡剤が入っていない天然成分でできたものを選ぶ

 

(3)歯磨き粉の有効成分を口腔内に長くとどめられるよう、できるだけ“ジェルタイプ”のものを選ぶ

 

 

▲天然成分使用のホワイトニングジェル「はははのは」

 

 

歯みがきの方法を見直し、歯みがき粉を変える事で、あなたも「真っ白い歯」を取り戻しませんか?

 

 

黄ばんだ歯が劇的に白くなる?!話題のホワイトニング歯磨き「はははのは」の詳細はこちら>>

会社概要

プライバシーポリシー

 

 

この記事を書いた人

Black Board運営局

Black Board運営局です。

関連記事