【84万人が選んだ※毛穴ケア体験レポ!】 黒ずみ毛穴に悩み続けた私が、一生ものの化粧品を手に入れるまで | Black Board
検索

2019.09.03

【84万人が選んだ毛穴ケア体験レポ!】
黒ずみ毛穴に悩み続けた私が、
一生ものの化粧品を手に入れるまで

0

PR

株式会社タカミ

※タカミスキンピール累計購入者数(2019年7月時点)

こんにちは。アラサー販売員ナミです。

 

最近転職して新しい出会いが増えて美容に目覚め、高いシートマスクを使ってみたり、エステに行ってみたり…

 

そ れ な の に、毛穴が!

しかも黒ずんでる!

なぜ?どうして?

 

仕事でストレスを感じたり生理前になったりすると、あごのポツポツも気になるし…。

 

※画像はイメージです。

毛穴やザラつきの原因のひとつは、ターンオーバーの乱れらしい!

ところで皆さんは「ターンオーバー」って聞いたことはありませんか?

これは“肌が生まれ変わるサイクル”のこと。

肌は毎日生まれ変わっていて、新しい細胞が肌表面に上がって、古くなった肌表面の不要な角質は自然に剥がれ落ちる仕組みになっているそう。

 

このターンオーバーが乱れると、古い不要な角質が蓄積され、

なんと、毛穴やザラつき、ポツポツなどの肌トラブルの大きな原因になってしまうらしいのです…

 

※画像はイメージです。

 

毛穴ケアで真っ先に思いつくのが、ピーリング。

私もマメにしていたのですが、

実は無理に肌の表面を剥がすのは良くない。

 

また、毛穴のポツポツに良いものは何でも試してみたくなりますが、

やり過ぎケアも逆効果。

 

 とにかく、ターンオーバーを整えて肌内部の角質層を健やかに育むことが重要らしいです。

角質層のケアを正しくできる唯一の製品は「タカミスキンピール」だった

で、何を使えばいいの?ということで、

口コミサイトや美容系動画などを頼りに見つけたのが、「タカミスキンピール」。

 

 

累計販売本数は500万本※1を突破!

コスメ賞はなんと!17※1も受賞しているみたいです!

※1 2019年7月時点

 

 

誕生から14年※2。ずっと人気が衰えない、ロングセラーの「タカミスキンピール」。

※2 2019年8月時点

 

名前から勘違いしている人も多いみたいですが、

こちら、ピーリング剤ではありません!

 

タカミスキンピール」は、美容皮膚の現場から生まれた、自宅で簡単に角質ケアができる“角質美容水”なんです。

肌の表面を剥がさずに、毎日のターンオーバーに寄り添ったケアができるとか。

 

※画像はイメージです。

 

【さっそく使ってみた!】洗顔後の肌につけるだけ!
普段のスキンケアはそのままでOK!

洗顔後のまっさらな肌になじませると、水のようにサラッとしたテクスチャーの「タカミスキンピール」がすーっと吸い込まれていく※3のを感じました!

 

 

なんか肌が落ち着くというか、つけた後の肌触りがつるっとしている気が!

心なしか毛穴が気にならなくなったような♡

※3 角質層まで

 

つけたら3分待つお手入れ方法に納得!

※画像はイメージです。

タカミスキンピール」は、

つけたら3分待つのが大事なポイント。

 

「3分も待ってられない!」

と、私も思ったのですが、待つだけの価値はあります!

 

角質層にしっかり浸透※1させるために必要な時間が3分なんだとか。

 

 

タカミスキンピール」は、成分の濃度や量などが絶妙なバランスで処方されているらしく、つけてすぐに化粧水を重ねると、浸透※1する前に化粧水と混ざってバランスが崩れて、本来の力が発揮されなくなる可能性があるそう。

 

最初、「3分…長い!」と思いましたが、歯磨きとかしていたらすぐに3分経ってしまうので、今では全く気になりません!

 

使用方法を守って使い続けてたら、肌がモチモチに!黒ずみ毛穴やあごのポツポツが気にならなくなって、むしろそこまで期待していなかったのに透明感も出てきた感じ!

 

ちなみに、口コミサイトなどを見ても高評価でしたよ!

↓↓

 

初めてなら、1,000円のお試しサイズがおすすめ!

もともと『生涯コスメ』として、年齢や肌質を問わず使えるようにつくられた「タカミスキンピール」。

 

でも、初めての場合、自分の肌に合うか少し不安ですよね…

 

そんな方におすすめなのが、約12回分のお試しサイズ

なんと1,000円(税込)で送料無料!

 

ランチ1回分…!だと思ったら気軽に試せそう♪

注意なのが、この価格&送料無料で試せるのは、公式サイトのみだということ!

買ってみたいかも!と思った方は、下のタカミ公式サイトをチェックしてみてくださいね!

↓↓

 

会社概要/プライバシーポリシー/特定商取引法に基づく表示

この記事を書いた人

Black Board運営局

Black Board運営局です。

関連記事