検索

2019.05.29

夏も冬もカサつく!乾燥しがちなアラフォーお肌が「保湿」で大切にしたいこととは?

0

PR

サラヤ

カサカサに乾燥したアラフォーのお肌……。

そんなお肌に一番大事なこととはなんでしょう。

 

そう「保湿」です。

 

適切な保湿ができていない…つまり、乾燥してしまうと、肌荒れや、かさつき、乾燥による小じわなど…いわゆる「肌悩み」を引き起こす原因となってしまいます。

 

肌が乾燥することによって、未熟な角層細胞がどんどん外に出ていって、ますます乾燥の悪循環が起こってしまいます。

 

適切に保湿されたお肌は、お肌が本来持っているバリア機能を保ち、正しいターンオーバーサイクルを支えます。

 

どんなスキンケア商品でも「保湿」をうたうのは保湿が一番基本的で、かつ、大切なことだからなのです。

 

夏でも冬でも、乾燥は待ってくれない?

 

夏になると汗もかくし脂が浮くから、乾燥なんて関係ない……と思いますか?

 

冬はもちろん空気自体が乾燥しているため、お肌も乾きますが、乾燥は夏でも起こるもの。

 

汗による水分の蒸発、そしてクーラーのきいた部屋……。

夏の乾燥は、冬の乾燥よりも意識している人が少ない分厄介なんです。

 

お肌のためを考えると、保湿は1年中しっかりと行うことが大切。

 

だけど「リッチなケアをすればいい」というわけではない

 

効果的な保湿をするためには、しっかりスキンケアすることが大切です。

でも、「ケアのしすぎ」は、かえって乾燥を加速させることがあるんです。

 

その原因のひとつが「摩擦」

肌へダメージを与える刺激はたくさんありますが、最も大きい原因になるのが物理的な刺激なのです。

 

洗顔でも「こすらない」と聞いたことがありますよね。

スキンケアアイテムを増やせば増やすほど、肌を「こする」機会が増えて、バリア機能が低下しているお肌へ、よりダメージを叩き込む結果になることもあるんです。

 

砂漠みたいなお肌を、赤ちゃんみたいなぷるぷるやわらかお肌にしたいのに、逆効果になってしまったら悲しいですよね?

 

 

>>肌に負担をかけない保湿って?<<

 

赤ちゃんのお肌は、なぜきれい?

生まれたての赤ちゃんのお肌は、ぷるっぷるでやわらかくてキレイですよね。

それは、赤ちゃんがお腹の中で羊水に守られていたから。

 

羊水の中に含まれているタンパク質のひとつが「ラクトフェリン」

 

この「ラクトフェリン」は、赤ちゃんの身体を守る免疫機能をオンにする働きがあるほか(食べ物に入っていたりもしますね)、

お肌のレセプター(鍵)と反応して、肌のハリを支えるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作る力に働きかけることが研究によってわかってきました。

 

 

でも、赤ちゃんのときには常に肌に触れていたラクトフェリンは、大人になると塗るしか触れる方法(※)がありません。

(※角質層まで)

ところが最新の研究によると、人間の肌には、このラクトフェリンを受け入れるレセプターがあり、ラクトフェリンを待っているそうです。

 

 

高濃度ラクトフェリン配合のオールインワンジェルがある!?

 

そんなラクトフェリンを配合した化粧品は日本ではまだまだ珍しく、たくさん種類があるわけではありません。ラクトフェリンは熱に弱く、商品化するのにとても技術がいるようです。

 

医薬品メーカーのサラヤが作った「ラクトフェリンラボ」というオールインワンジェルは、長年の研究によりラクトフェリンを化粧品に配合することに成功し、最近話題で40代が大注目とか!本気で「美肌」を目指す方には価値がありそう!

 

スキンケアに新しい「習慣」、はじめてみませんか?

 

 

>>>ラクトフェリンを高濃度で配合「ラクトフェリンラボ」詳しくはコチラ

 

 

 

この記事を書いた人

Black Board運営局

Black Board運営局です。

関連記事