検索

2019.05.29

赤ちゃんみたいな「美肌」を目指すあなたが40代から意識するべき“3つのこと”

0

PR

サラヤ

 

「美肌になりたい。」今これを読むあなたは、そう考えたことがありませんか?

 

 

では、ひとつ質問です。

 

 

「美肌」とは、なんでしょうか?

 

お化粧のノリが良いお肌ですか?

ピカピカして見えるお肌ですか?

触れるとつるつるなお肌ですか?

赤ちゃんみたいなお肌ですか?

つややかでハリのあるお肌ですか?

 

 

…そう、「美肌」とは、様々な要素が入り混じって完成する、理想のお肌の“概念”なのです。

 

では「美肌」は、どのように作られるのでしょうか?

 

美肌は「当たり前」の積み重ねで作られる?

 

40代の美肌の秘訣は、これに尽きます!

 

「日々の生活習慣」

 

細かく分けていくと……

 

1. 十分で、質の良い睡眠

 

 

睡眠不足は身体全体の調子に大きく影響します。

 

お肌も例外ではありません。寝ている間に分泌される成長ホルモンが新陳代謝を促し、いわゆる「ターンオーバーサイクル」を回すため、睡眠不足状態だとターンオーバーが遅れてシミやくすみの原因となることがあるのでアラフォーのお肌の大敵!

 

また、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といったお肌の保湿やハリを支える成分も、睡眠不足によって細胞の作る量が減少することもわかっています。

 

 

2. バランスのとれた食事

 

 

肌や髪の原料となるタンパク質やアミノ酸、ビタミン・ミネラル等の栄養をしっかりと意識して取ること。

 

お野菜をたくさん摂るのはもちろんいいことですが、お肉やお魚をきちんと食べ、適量な脂質も肌の保湿には必要不可欠……つまり、「油抜き」「糖質制限」といった、偏った健康法を実践するのではなく、あくまでもバランスが良いことが第一です。

 

 

3.毎日続ける「ケア」

 

 

ケア、というのは幅広いものを指します。

スキンケアなど、直接お肌に何かをするのも「ケア」。軽い運動や、入浴、そして心まで……すべての「ケア」が美肌を作るといっても過言ではありません。

 

 

いかがでしょうか。

けっこう「当たり前!」ですよね。

 

しかし、これらをすべて実践するのが難しいのは誰もが知っているはず。

肌は自身のすべてが現れる「鏡」。

 

美肌とはすなわち、心身ともに健康で満たされた状態を目指すこと、なのです。

 

「あの人」みたいな美肌になりたい?

 

どんなモデルも女優も、小手先だけでは真似できない努力をして、美しさを保っています。

モデルや女優、タレントなどの芸能人・有名人みたいな「美肌」になりたい、と考える人は多いでしょう。

 

しかし、モデルや女優はその人なりの血の滲むような努力で美を保っています。

それは、一般人である私たちにはとうてい真似できるものではありません。

 

もっと身近な「美肌」の持ち主……それは、赤ちゃん。

 

 

お母さんから栄養をバランス良く受け取り、たくさんの睡眠をとることができる……。

ぷるっぷるでつやつや、ハリも透明感もある「赤ちゃん肌」に近づくことが、私たちにできる「美肌」への近道ではないでしょうか?

 

注目の美容成分! 赤ちゃんの肌のヒミツ「ラクトフェリン」

お母さんのお腹の中で、赤ちゃんは羊水に包まれています。

羊水の中に含まれているタンパク質のひとつが「ラクトフェリン」

 

この「ラクトフェリン」は、赤ちゃんの身体を守る免疫機能をオンにする働きがあるほか(食べ物に入っていたりもしますね)、

お肌のレセプター(鍵)に反応して、肌のハリを支えるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作る力に働きかけることが研究によってわかってきました。

 

 

でも、赤ちゃんのときには常に肌に触れていたラクトフェリンは、大人になると塗るしか触れる方法(※)がありません。

(※角質層まで)

ところが最新の研究によると、人間の肌には、このラクトフェリンを受け入れるレセプターがあり、ラクトフェリンを待っているそうです。

 

高濃度ラクトフェリン配合のオールインワンジェルがある!?

 

そんなラクトフェリンを配合した化粧品は日本ではまだまだ珍しく、たくさん種類があるわけではありません。ラクトフェリンは熱に弱く、商品化するのにとても技術がいるようです。

 

医薬品メーカーのサラヤが作った「ラクトフェリンラボ」というオールインワンジェルは、長年の研究によりラクトフェリンを化粧品に配合することに成功し、最近話題で40代が大注目とか!本気で「美肌」を目指す方には価値がありそう!

 

スキンケアに新しい「習慣」、はじめてみませんか?

 

 

>>>ラクトフェリンを高濃度で配合「ラクトフェリンラボ」詳しくはコチラ

 

 

 

この記事を書いた人

Black Board運営局

Black Board運営局です。

関連記事