検索

マネー 2019.04.22

資産運用に失敗するのは「人間の感情」が原因だった。資産運用を成功させるコツとは?

0

PR

ウェルスナビ株式会社

ポイント

「損をしたくない」感情が、正しい投資行動の邪魔をする

  投資を成功させるには、感情のコントロールが必要

「ロボアドバイザー」は、感情に左右されない資産運用ができる

「資産運用が怖い」「失敗して大事なお金を失ってしまうのでは?」……。こんなふうに感じて、資産運用に二の足を踏んでいるという方は多いのではないでしょうか?

 

また投資の経験があったとしても、タイミングを見誤って大きく損をするなど過去に失敗したことがあり、「自分は向いていない」と思っている方もいるかもしれません。

 

人間は「損をしたくない」生き物

人が資産運用に失敗する理由のひとつに、「損をしたくない」という感情が正しい投資行動の邪魔をすることがあります。

 

2002年と2017年にノーベル経済学賞の受賞テーマとなった行動経済学では、人間の感情と投資行動との関係について、多くの研究が行われてきました。

 

行動経済学の研究によれば、「損をすること」による感情の揺れは、「得をすること」による感情の揺れのおよそ2倍になると言われています。

 

 

損したときの感情の揺れは得したときの約2倍に

 

 

人間の脳は資産運用に向いていない

投資の基本は「安く買い、高く売る」です。しかし、「損をしたくない」という感情は、私たちがこの投資の基本どおりに行動することを邪魔します。

 

たとえば、あなたがある企業の株式を保有しているとします。

 

株式の価格が下がっているときは、「損をするのではないか」と怖く感じてしまうでしょう。「これ以上マイナスが膨らむのは嫌だ」と、売ってしまいたくなるかもしれません。反対に、株式の価格が上がっているときには「まだまだ上がりそうだ」と感じるので、売るのをためらうのではないでしょうか。

 

人間の脳が資産運用に向いていないのは、投資の知識がないからではなく、「損をすること」を極端に嫌うからです。投資の基本を頭で理解していたとしても、価格が下がっているときに「安く買い」、価格が上がっているときに「高く売る」ことはとても難しいのです。

 

富裕層は資産運用をプロに任せる

つまり、資産運用をするときは、「損をしたくない」という感情を、うまくコントロールすることが大切です。

 

 

世界の富裕層の多くは、プライベート・バンカーなど、金融のプロの手を借りて資産を運用しています。しかし、個人がプライベート・バンカーに資産運用を任せるには、最低でも1億円以上の資産が必要です。働く世代にとっては現実的ではないでしょう。

 

プライベート・バンカーの代わりになる存在として、米国では、個人の資産運用を自動化した「ロボアドバイザー」が急速に広がっています。ロボアドバイザーなら、相場の変動にかかわらず、あらかじめ決められたプログラムに従って、淡々と投資を行います。感情に左右されずに資産運用ができるという点で、プライベート・バンカーに任せたような安心感を得ることができるでしょう。

 

感情に左右されない資産運用を始めませんか?

日本でも、ロボアドバイザーを使った資産運用が広がりつつあります。

 

預かり資産・運用者数No.1(※1)のロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」は、世界水準の資産運用をすべて自動化したサービスです。ノーベル賞受賞者が提唱した理論に基づく金融アルゴリズムで、世界中に分散投資をします。どんなときも淡々と自動で取引するので、「相場が大きく動くと感情に左右されてしまいそう」という人にはおすすめです。

 

WealthNaviを使っているのは、主に20~50代の忙しく働く世代。投資経験者が全体の75%と、資産運用の知識や経験がある層に選ばれているサービスでもあります(※2)

 

 

WealthNaviを始めるのはとても簡単。6つの質問に答えるだけで、あなたに合った資産運用プランを自動でご提案します。口座開設の申し込み後、最短2営業日で、全自動の資産運用をスタートできます。

 

相場のいいときも悪いときも、感情に左右されず、資産運用を続けていけるWealthNavi。この機会にあなたも始めてみませんか?

 

 

 

 

さっそく

を始める

 

 

アプリでもWealthNavi

ダウンロードはこちらから

WealthNaviについてさらに詳しく

 

 

 


 

(※1)一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(平成30年3月末現在)」よりモーニングスター社調べ(平成30年8月時点)

(※2)2018年10月30日時点。ウェルスナビ調べ。WealthNaviで資産運用を開始した人のうち、申込時の「株・投資信託・外貨預金・FX・債券のいずれかの投資経験がありますか?」の質問に対して、「はい」および「いいえ」と回答した人の割合

 

【金融商品等の取引に関するリスクと費用】

当社が提供する金融商品の取引は、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場、その他の指標の変動等により損失が生じ、また投資元本が割り込むおそれがあります。 ご利用の際は、事前に契約締結前交付書面等を十分にお読みください。

 

金融商品等の取引に関するリスクと費用

 


 

 

ウェルスナビ株式会社  金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2884号

 

会社概要プライバシーポリシー

 

問い合わせTEL:0120-804-040

受付時間 9:30 ~ 17:00(土日祝・年末年始を除く)

 

 

この記事を書いた人

Black Board運営局

Black Board運営局です。

関連記事