検索

健康 2018.12.04

50~60代が直面する悩みを解消する、育毛剤選びのポイントとは?

0

PR:ホソカワミクロン化粧品

 

 

まだ植毛に頼らず、自分の力で髪を復活させたいあなたに、大切なお話です。

 

薄毛の問題は見た目に直結するため、現役世代の男性にとっては大きな問題です。

薄毛が気になっているあなたは、すでに日常レベルでいろいろな対策をされてきたと思います。

 

 

・新しい育毛剤を試してみる

・ドラッグストアで一番高いシャンプーを買ってみる

・イソフラボンを摂るために大豆を食べてみる

 

などなど。

それらの「効果」はいかがでしたか?

 

 

今も次なる対策を模索してこの記事を見ているということは・・・ですよね。

まずは、今一度髪の毛が生えてくるメカニズムをきちんと理解する必要があります。誤った対策にお金と時間をかけてしまわないために、しっかりと読んでください。

 

 

知っておきたい「育毛のメカニズム」

 

発毛の鍵を握るのは、毛根です。

毛根には毛母細胞という細胞が存在し、これが髪を成長させるために必要な栄養素や酸素を受け取って、細胞分裂することで新しい髪を生やしたり、髪を太くしたりすることができます。

 

 

毛抜きなどで毛根から抜いてもまた生えてくるのは、毛穴の奥に毛母細胞が残っているからです。

脱毛サロンで行われている「光脱毛」では、この毛母細胞に光をあてダメージを与え、回数を重ねることで毛母細胞の力を弱めていく仕組みで脱毛しています。 

 

 

 つまり、この毛母細胞をいかに活性化させるかがポイントです。

 

 

そこには大きな落し穴が・・・

 

毛母細胞を活性化させるには大きく2つの方法があります。

 

1つ目は血行を促進することです。

 

血液は毛母細胞に酸素と栄養を届ける役割を担っていて、血液が毛母細胞に届くことが必要なのです。だから、育毛剤の多くはミノキシジル、キャピキシル、センブリエキスなどの血行を促進する成分を配合し、全面的に押し出しています。

 

2つ目は細胞賦活(ふかつ)と言って、細胞の成長そのものを促すことです。こちらは毛母細胞に直接届けることによって「成長しろ」と指示を出すようなイメージです。

 

しかし、そこには大きな問題がありました。

 

「そもそも成分が届いていないかもしれない」という問題です。

 

毛穴の入り口にある皮脂や汚れが毛穴を塞いでいるせいで、それらの成分が100%届いているとは限らないということがわかりました。

 

これまで結果が出なかったのは、ここが原因だった可能性が高いです。

 

 

届くだけでも意味がない・・・

 

なんとか届けたいところに育毛成分を届けたとしても、次なる問題が出てきます。長い時間そこに留まれないという問題です。

 

わかりやすく言うと、毛乳頭が毛母細胞に対して「成長しろ、成長しろ」と指示を出すことで髪が生えたり太くなったりするのですが、従来の技術だと毛母細胞・毛乳頭細胞周辺に長く留まることが非常に難しいため極端な話、一回指示出して終わり、という状態になっている可能性があります。

 

 

 

育毛剤選びで大切なポイントとは?

ここまでの内容をまとめると、ポイントは以下の3点であることがわかります。

 

(1)毛母細胞の働きを活性化させる成分が入っているか

(2)毛穴入り口の皮脂汚れをすり抜け、しっかり届けることができるか

(3)毛母細胞・毛乳頭細胞周辺に長時間留まり効果を持続させることができるか

 

この観点で育毛剤を調べていった際、最もお勧めはホソカワミクロン化粧品の「薬用ナノインパクト100」です。

 

 

ポイント(1)毛母細胞を活性化させる成分が入っている

 

有効成分として、「センブリ抽出液」に加えて「トコフェロール酢酸エステル」という成分を配合しています。

その他にも髪や頭皮のコンディションを整える成分をたっぷり42種類も配合しています。

 

ポイント(2):しっかり浸透して「届く」

 

医薬用に研究・開発されたナノ技術を応用した、独自の機能性ナノパウダー「PLGAナノカプセル」は毛穴の大きさの200万分の1のサイズ。しかも小さいだけではありません。PLGAナノカプセルは皮脂との親和性が高いため、皮脂に弾かれることなく通り抜けます

 

 

ポイント(3):長時間「持続」する

 

「PLGAナノカプセル」は毛糸玉のような構造をしていて、体内の水分で徐々に分解され、12時間以上もじわじわと中身(成分)を送り出すという優れた特性を持っています。

 

つまり12時間以上もの間、毛母細胞に「成長しろ、成長しろ」と指示を送り続けていることになります。

 

50~60代、髪は自分の力でなんとかしたい

こちらの商品は本物を知る50~60代に特に人気で、シリーズ累計出荷本数が100万本を突破したロングセラー商品です。

もちろん育毛剤は「使い続けてこそ」その真価がわかるもの。

新しい育毛習慣を、届いて持続する育毛剤とともに始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

この記事を書いた人

Black Board運営局

Black Board運営局です。

関連記事